• ホーム
  • >スロヴェニア料理ってどんな味?

スロヴェニア料理ってどんな味?

中央ヨーロッパにあるスロヴェニアは、「ヨーロッパの食文化の交差点」と言われています。アルプス、地中海、オーストリア、パンノニアなど、いろんな食文化を持つ地方に囲まれているので、それぞれの影響を受けたバラエティ豊かな食文化が育まれたのです。
つまり、ハイジが山小屋で食べていたようなスープとパンがあったり、海の幸豊かな地中海料理があったり、ザワークラウト&お肉のオーブン焼きがあったり、パプリカたっぷりのシチューがあったり、という具合にバリエーション豊富なメニューが楽しめる国なのです。

スイーツは、カッテージチーズやドライフルーツ、ナッツなどをたくさん使うどっしり系が主流です。自然の恵みに感謝し、素材の持ち味を生かした滋味あふれるお菓子で、見た目は地味でもお口の中にいつまでもおいしさが残るような、そんなお菓子ばかりです。

パンもお菓子同様にどっしり系ですが、固くはなく、重すぎず、食べやすいナチュラルなパンです。かむほどに味わい豊かで、朝食やおやつだけでなく、洋風料理やワインのお供にも最高です。